憧れの職業に就こう【アパレル派遣でおしゃれに働く】


障害者のための雇用

障害者の雇用は法制度の見直しと共にますます増加していきます。言いかえれば多くの障害者が雇用につく機会があると言う事になります。 障害には先天性の障害と後天性の障害があり生まれ持って体に障害がある人と事故などの影響で体に障害がおこる人がいます。 ノーマライゼーションに乗っ取り全ての人が平等に権利を持ち尊重された生活を送る義務があり、障害者も健常者と同じように幸せな生活を送る義務があるのです。 障害者の雇用では就労支援というものがありジョブコーチのサポートと共に雇用先で勤務が始まっても多くの問題解決に取り組み仕事が個人の能力でこなすことが出来るようになるまでサポートを行っていきます。 個人の適性に合わせた職場環境を探すことも障害者の就職に対して早期退職を防ぐ目的もあるので長く働きてくれる障害者を企業も求めているのです。

今後就職状況が大きく変わり企業側から障害者の雇用に対して積極的なアプローチを行う時代がやってくるのです。 こういった時代背景に合わせた仕事先にあった個人の考えている働きたい職場環境に合わせた就労支援を行っていくことで、障害者の雇用形態や勤務継続年数も延びていく可能性が出てくるのです。 法定雇用率対象企業が活動支援を行う事により、大規模な売り手市場になっていくので、障害者が今後の人間関係や求人に見合った働きが出来るようになっていくのです。 企業側とジョブコーチといった多くのサポートや協力が必要になり障害者が自立して働くことが出来るまでの支援を行っていくことになります。 雇用にあたり、個々の特性を活かした雇用体制を実現させることが国の方針でも検討され現実的にも急務になってきているのです。