憧れの職業に就こう【アパレル派遣でおしゃれに働く】


建設業界の仕事

建設業界の超繁忙状況が続いていますが、この状況は2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催まで続くのではないかと言われています。特に現場の施工管理者の不足が顕著となっており、求人しても全く集まらない状況です。ゼネコンでは従来派遣会社に依頼していましたが、現在は直接求人をしているケースも見られます。建設専門の派遣会社も登録している技術者は底をついている状況となっているため、求人広告をうっていますが、施工管理者の資格を有する人を集めることは出来ていません。現在の状況が続きますと工事を消化することが出来ないケースが想定されますので、何らかの手を打たないと工事が間に合わなくなる恐れがあります。施工管理者にとっては選択肢がたくさんある状況ですので、意欲があれば働き方も仕事も選べます。

建設業は経済と同様な波を辿る産業です。バブル崩壊による産業界の収益悪化が建設業界には遅れて伝播した結果として、経営破綻となったゼネコンが多数出たことにより施工管理を行う技術者のリストラが行われました。こうした人たちは既に建設業界を離れて新たな産業で働いている状況ですから、建設業界が景気が良くなって求人しても現在の仕事を投げ打って応募することが少ないということです。建設業界の好調が持続するかどうかの判断がつかないことが踏み切ることが出来ない大きな理由となっています。折角慣れた仕事から施工管理の仕事に移っても2020年以降の心配があるため安全策として現状にとどまっているという状況です。改めて社員に登用するような対処も必要と思われます。